今度は、鮑型のお皿が集まってきました。

不思議なもので、仲間を呼び集めるんですかねえ。

茄子の柄の器から始まって、前回は蕪の柄の器が大集合したのですが、今回は鮑型の変形皿が大集結です。江戸中期の青磁の鮑皿、金銘の染付の鮑皿、勿論、江戸後期から幕末までの色絵の鮑皿数種類。どれも上手の器で。

鮑皿には、海底の図が多いのですが、青磁の鮑皿は松林だったり、珍しいところでは花に蝶図が描かれたものまで多様です。

催事にお越しの際は、是非、実物をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です