ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

初期伊万里でとても珍しい図柄の蕎麦猪口がやってきました。

印判のようだけど、すべて手描き

桜花散し文の蕎麦猪口

初期伊万里ならではのしっとりとした釉。

印判かと思いきや、すべて手描きの桜の花が蕎麦猪口一面に描かれています。

当方、初見の蕎麦猪口です。この可愛さがたまりません^0^

コロナの新規感染者数、減らないなあ><

毎日、コロナ新規感染者数、過去最高っていう報道を聞くたび、この先どうなっていくのだろうと不安に駆られる。ワールドニュースでは、日常を取り戻してきてるという国があるのに・・・。
昨年来、歯を食いしばって踏ん張ってきたことが無に帰するような気持に陥ってしまいそうだ。
自粛疲れでネガティブになりがちだけど、前向きにならないと!!
1日に数百人の方々が商品を見て楽しんでくださってる。そのことを拠り所にまだまだ頑張れそうな気がする。
コロナ新規感染者数が減るよう、みんなで頑張りあいができればいいなあ❣❣

一年振りの平和島骨董まつり

来週、11日の金曜日から三日間、東京で平和島骨董まつりに出店します。一年振りです。
東京も大阪市もコロナ感染者が増加傾向で、毎日の感染者数を不安を持って聴いてます。

うつらない、うつさないように精一杯気をつけてはいましたが不安を取り払うこともできず、思い立ってコロナの抗原検査を受けに行って来ました。

陰性でした(^^)

来ていただくお客様にうつさないこと、大きな不安が一つ取り払われた気がしてます。
ソーシャルディスタンスやマスク越しの接客になりますが、久々の骨董まつり、楽しんでいただけたらいいなぁ・・と。

今年は、大変な年だったけど、来年に向けて今を前向きに頑張らないとと思う毎日です。^_^

ただいま、漂白中^_^

またまた、沢山の器を手に入れてきました。 美人なもの、愛嬌のあるもの、器にはいろんな表情があって楽しいものです。一つひとつ手作りだからかも知れません。

流しのシンクで、食卓に上がる前に、漂白と洗浄で綺麗に綺麗にしないと。長年、受け継がれてきたことに、敬意を払って^_^

豆皿 やっぱり可愛いなあ

柿右衛門手の豆皿がやってきました。菊花のような輪花型の豆皿で薄くてとても繊細なんです。繊細ゆえに、輪花部分に小さな小さなホツがあったりと・・。
余白をたっぷりと取って繊細な花が描かれているんですよ。
漂白して、洗剤で洗って、畳付きを綺麗に磨いて、本当にべっぴんさんになりました。小傷があっても、やっぱり次世代に残しておきたくなるような愛らしさです。こんな器に出会う時、骨董屋冥利に尽きると感じるときです。^o^